ジョバンニのクリスマスメモリー  [Dancers 【ダンサー】]

グランディーバメンバーによる
『クリスマスの思い出日記』

今日はジョバンニ・ラヴェロの思い出をお届けします(^_^)★


僕の国のクリスマスはとても素敵でとくに子供の時が一番かな。
僕が8歳の時、父がとても大きなクリスマスパーティーを開いて
くれて家族や親戚が集まって、大体25人くらいの子供が走りまわっていたよ。
みんなで花火をしたりしてプレゼントを楽しみにしていたよ。
クリスマス・イブには手作りのパンやタマーリ(メキシカン料理)
を食べ、ホットチョコレートを飲むんだ。そして12月24日の夜にみんなからプレゼントをもらうんだ。
パーティーでは一日中遊んで日が暮れるのを待っていたよ。
プレゼントは叔父さんや伯母さん、祖父、祖母にぼくの両親からも沢山もらったな。
家族同士でプレゼントを渡し合っていたよ。
結局、僕はゲームにバスケットボールやローラースケート、そして他にも色々ともらったよ。
これが僕のクリスマスの中で一番、楽しかった思い出だよ。


Giovanni’s Christmas Memory

Christmas in my country is so wonderful especially if you are a child.
When I was about 8 years old my father organized a huge party
for all the family, almost 25 children were running like crazy,
waiting very anxious and happily for the presents and burning fireworks.
We eat on Christmas Eve home made bread, tamales and
hot chocolate,and we get our presents at midnighton Dec 24th,
so in that party we spent all evening playingoutside enjoying
the warm weather and counting the minutes till midnight.
Finally I got many presents from my uncles, aunts, grandparents
and my own parents, since our family is big it was the best idea
of my father, so each family brought presents for others families’ children.
I ended up with games, a basketball, a pair of roll skaters and
many more things.
That’s why it’s my best and most beloved reminiscence of Christmas.

DSC07319.jpg


ジョバンニ・ラヴェロ>>>>
コロンビア出身。2007年春グランディーバ入団。
ステージネーム…カルラ・グルーシィ
2007-12-05 17:26 この記事だけ表示   |  コメント 0

Dear Grandiva Friends   [Dancers 【ダンサー】]

グランディーバメンバーによる
『クリスマスの思い出日記』

初回はバレエマスターポールの素敵な思い出をお届けします(^_-)★


親愛なるグランディーバの友へ

僕のクリスマスの思い出といえば、凍えるほど寒く、雪に覆われ、静まり返ったサウスダコタで、イグルーや家の裏庭・前庭に地下のトンネルシステムを作ったりしたことかな。
僕の父の妹、オリーヴとフローレンスは、数週間かけて焼き上げたクリスマスボール、雪の結晶、トナカイ、サンタの形をしたクッキーやキャラメルロールがいっぱいに積まれたお菓子の山を持って訪ねてきてくれたっけ。
僕達のお気に入りはココナッツのひげとチェリーの赤いほっぺたとレーズンの目と陽気な赤い帽子がついたサンタクッキーだった。
僕には、3人の兄弟と3人の姉妹がいたから、いつでもにぎやかで騒がしかった。クリスマスイヴには、僕達はいつもより少し遅い時間にベッドに連れて行かれて、サンタがやってくるから静かに部屋で眠るように言われたものさ。もしサンタが誰か部屋から出たものを目にするようなことがあれば、クリスマスツリーやプレゼントを置かないまま帰ってしまうってね。
クリスマスの朝はいつでも魔法がかかったようだったよ。僕達がクリスマスの靴下に入っているお菓子に石炭のかけらを混ぜて悪ふざけをした時だって、両親が経済的に苦しい時だって、サンタはいつだって僕らの元にやってきて、良くしてくれたからね。

PS 添付した写真はオーストラリアツアー中に取ったもので、
僕の隣に写っている女性はバレエ・リュス出身の元祖“ベビーバレリーナ”、イリーナ・バロノヴァさんです。


Dear Grandiva Friends,

My early Christmas memories are all from a very cold, snowy,
desolate South Dakota, where we were often snowed in making igloos and underground tunnelsystems in our front and back yards.
My father's sisters Olive and Florencewould arrive hidden underneath piles of sweets they'd been baking for the past weeks; caramel rolls, sugar cookies in the shapes of Santas, reindeers, snowflakes and Christmas balls.
Our favorites were the Santa cookies with coconutbeards, cherry red cheeks, raisin eyes and a jolly red caps.
I have threebrothers and three sisters so it was always loud and raucous.
On Christmas Evewe were put to bed rather late and told to be quiet and stay in our room,because Santa was coming and if he spied any of us out of our rooms he would turnaround and leave us with no presents and no Christmas tree.
Every Christmasmorning was magical because Santa always came and even though we occasionallyhad a piece of coal mixed in with our treats in the Christmas stockings,Santa was always good to us, even years my parents were not making so much money.

Paul


The photo I'm including is from our Australia tour and the woman
with me inthe picture is Irina Baronova, from the Ballet Russes,
an original "Baby Ballerina".

IrinaMeninTu-Tus001.jpg

2007-12-03 19:00 この記事だけ表示   |  コメント 0